アロマセラピー 精油「ベルガモット」

ドイツ ローテンブルグ

ミカン科の高木
果皮の圧搾により抽出される精油

学名は、Citrus Bergamia

ベルガモット精油

「スイートオレンジ」より清涼感がありシャープな香り。紅茶のアールグレイの香り付けに使用されるほか、高級香水にも使用されています。手作り香水のメインの香りとしてもオススメ☆

他の柑橘系の精油と比べて「酢酸リナリル」という成分を非常に多く含有しており、抗鬱・神経系の調整などリラックス・リフレッシュ効果を期待できます。

注意点は、
「グレープフルーツ」や「レモン」などの柑橘系エッセンシャルオイルと同様、フロクマリン類の成分による「光毒性」です。紫外線と反応してシミを作ってしまう可能性があるので、昼間の外出前の肌への使用は避けた方が無難です。

なお、ベルガモットにはフロクマリン類を除いた「ベルガモットFCF」(フロクマリン・フリー)という精油があります。この精油なら光毒性は考えなくて使用できますが、ベルガモットと比較して香りに変化を多少感じるかもしれません。とはいえ、万人受けする芳香ですので、アロママッサージ・リンパマッサージ・オイルマッサージ~アロマトリートメント&出張マッサージにも間違いなく使いやすいエッセンシャルオイルです☆

目的・症状別おすすめアロマ精油
ストレスを感じる時… 眠れない時… リフレッシュしたい時… 心身バランスを整えるには… 鼻づまり(花粉症)の対策には… 身体疲労が激しい時… アンチエイジング対策には… 優雅な気分には… アロママッサージ・リンパマッサージ・オイルマッサージ~アロマトリートメント~出張マッサージにも好適で、アロマセラピー生活のあらゆる場面におすすめの5つの精油とは…
精油の取り扱い注意点
アロママッサージ・リンパマッサージ・オイルマッサージ~アロマトリートメント&出張マッサージでの施術場面に限らず、アロマセラピーのあらゆる場面で使用された精油は、皮膚や呼吸器などから血液中に取り込まれ、血液循環により体内をめぐって様々な組織に影響を与えます。良い効果が期待できる一方、誤った形で使用すれば悪い影響を与えかねないので注意が必要!

#アロマ #ベルガモット #精油 #エッセンシャルオイル
#アロママッサージ #リンパマッサージ #オイルマッサージ #アロマトリートメント #出張マッサージ

Aroma Life
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/RainbowBridge2MV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/Warabe1MV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/MikaneDaidaikichi1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/Greece6F1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/Toji3MV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/BlueFujisanMV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/Ageha1MV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/PotCloverMV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/Rainbow15Aug2018SPMV1280.jpg
https://www.aroma-life.happy-clovers.com/wp-content/uploads/2020/09/KuramaKifuneNMV71280.jpg
Thanks a lot for your share in advance ☆
I'm very happy for your follow ☆
Aromatherapy House HAPPY CLOVERS

コメント

タイトルとURLをコピーしました